SOYBEAN's inc

SOYBEAN's Inc.

もっと楽に、楽しく。生きていきたい。社長はというと、うつ病・強迫性障害・HSP・全般性不安障害をココロに抱えていますが、夢のために日々奮闘しています。

ミーはミーハー。

 

 

みなさん、ミーハーという言葉ご存知でしょうか?

でしょうね。笑、

 

ミーハーとは、世の中の流行や芸能人の動静に今まで無知の人が熱中したり、影響を受け知ったかぶりの行為をする者(主に若年の女性)に対しての呼称である。 通常はカタカナで「ミーハー」と表記するが、かつてはみいはあ、みいはあ族などと呼ばれた事もあった。
 - Wikipediaより

 

おー…

私未だにミーハーと言われるとドキッとしてしまうんですが、

私はかなりのミーハーです。ミーハーになりました。

 

なぜならば。。。

 

私の性格は前にも書きましたがかなりこだわりの強い性格で

昔からもつ、強迫観念により好きになったものには

かなり執着してしまうのです。

例えば、森山直太朗さん。かりゆし58。。。

題名の通り私は好きなものがたくさんあるので

これくらいにしておきますが、

大ファンです。大大大、大ファンです。

小さい頃から、なんならかりゆしはデビューした頃から好きでした。

なので、注ぎ込もうと思ったら相当な大金をつぎ込みます。

CDは、聞くものと、保存しておくもの2つ買ってしまいたいほど。

かつてはそうでした。

CDを開けてもCDを包んでいたフィルム、値段のシールなど

全てを取っておいてしまうのです。

そして、私の1番恐ろしい言葉…

 

"初回限定盤"

 

通常盤まで買っちゃうんですよ、もー。

ま、いいんですがね。本当に好きなので。

ただ金使いまくり。
でも私の絶対ルールその丸いくつかに、
貯金は絶対。というものもあり、かなり苦しみました。

そもそも両親からお小遣いをもらっている身分で

そんなに大金、、、アホか…と。

 

そんな悲惨な時代に、ミーハーという言葉を知りました。

私はその当時、ミーハーって大っ嫌いでした。ごめんなさい。

なぜならば、私はそのものたちの

世界一のファンだと思っていたからです。

誰よりもそのものを愛している。完璧主義です。

お前に何がわかる!!という感じに。

荒れてますね…

 

まぁ自分は世界一のファンだと思うことはいいとして、、

 

強迫性障害という病気に気付いたとき

気付いたのです。あぁそれって何かがおかしい。

完璧主義ファンであることにとても疲れている自分がいる。と。

んじゃ別にミーハーいいじゃない。と。

 

考えてみたら、世界一のファンってなんでしょう?

初回限定盤も通常盤も保存用、使用用を買っちゃう人が

世界一のファンなのでしょうか?

ライブには毎回行くのがファンでしょうか?

ファンの集いに参加しなくてはファンではないのでしょうか?

まず、まず、世界一なんて誰が決めるんですか。

その人がそのもののファンだ、そうじゃないだなんて、

誰が決めていいのですか?

 

好きにはそれぞれの好きがあり、

この人の歌詞が好き、曲が好き、人が好き、

どれも全然悪いことじゃないです。むしろ素敵なこと。

誰もそれを否定することはできません。

否定することこそ、それこそ、お前に何がわかるですよ。笑

私は今までそういうことを人にしてきたのです。

それに気付いたとき、ミーハーバンザイ。。。!

こういう極端なところも私の悪い癖ではあるんですが、

好きがいっぱいあるなんて素晴らしいことです。

嫌いがたくさんあるよりずっと楽しいし、おもしろい。

私はそれを知っていたのにわかっていなかったのです。

 

この人追っかけてるわけじゃないけど

癒されるなー、なんか好きだなー。

それでその人の出ている番組全てを追っていなくても

それはいいのです。それは間違いなく好きです。

 

そもそも人に対してミーハーという人はどいうことなのでしょうか。

そのものの何を知っているのですか?

その人の何を知ってるのですか?

すぐ飽きてしまって別のものを好きになったって

いいじゃないですか。完璧じゃなくたっていいじゃないですか。

誰がそれをダメと決める権利があるでしょう。

 

私には今、ここでは書ききれないほど好きなものがあります。

お前って多趣味だよなー。

と、よく言われるし、私自身も多趣味だと感じます。が、

そう言われるたび、好きなもの全てを頭の中に思い浮かべることができません。多すぎるので。

前はそういうことじたいも大嫌いでした。

ファン失格だと思っていました。

好きなものは全てその場で言えなくてはならない。

と腕にメモしたり、

何かに書き込んでは常に頭の中に叩き込んでいなくては

いてもたってもいられなかったのです。

思えば結構異常ですが、

今はそういえばあれも好きだったなぁ。ということが多くなりました。

それは、ミーハーでいいんだ。

別にいつもそれが心にあるということが、

それを極めるということが

ファンというわけではないんだと気づけたからです。

 

そう思ったらタガが外れたように溢れるくらい好きなものが増えました。

 

これも好きあれも好き。

 

とっても最高の気分です。

 

残念ながら私は流行には疎い方なので

自分がミーハーなのかさえよくわかっていませんが

 

多趣味で、なんでも好きで、

なんにでもなりたいミーはミーハーです。

そしてそれらすべての世界一のファンです。