SOYBEAN's inc

SOYBEAN's Inc.

もっと楽に、楽しく。生きていきたい。社長はというと、うつ病・強迫性障害・HSP・全般性不安障害をココロに抱えていますが、夢のために日々奮闘しています。

私の中の世界

このブログを始めて昨日で半年なんだそうです。

ハーフバースデーとやらですね。

つまりうつ病と診断されてから半年以上経ったんですね。

近くのイオンモールで久しぶりに映画を見ました。

暗い環境と、音の大きい環境で、頓服を飲まずに耐えることができました。

とても楽しめたし、ひとまず

乗り越えたいものの1つを乗り越えました。

 

ところで、体調は回復に向かったものの

心はまだ、かなり病んでいます。

 

最近、自分のことばかりを考えていて、

好きなものを見失っています。

自分磨きに奮闘することも、

自分を活かすこともできない、

何していてもつまらないし、欲ばかり膨らむ…

自分に自信を持ちたくて、でも理想と現実のギャップに苦しんで、

 

昔からのことだけど、異常なほどに外見に囚われている自分が怖くてたまらないです。

 

 

芸能界の人が、痩せたとか、太ったとかで、

ニュースにまでなってしまうこの世界。

誰が可愛い。誰がかっこいい。タイプの人は?

彼氏は?彼女は?

あの人の彼女可愛くない、彼氏ブスだね。

なんて酷く干渉にあふれ、世知辛い

歩くだけでも緊張しちゃう、こんな世界大嫌い。

でも嫌いって思うってことは、やっぱり人の目を気にしているってこと。

 

人の目を気にしている分、人のことを気にしてしまう。

あの人可愛いな、あんな人になりたい。

でも、時々辛口になる。

人にされたくないことをやってしまっている。

 

人は見た目じゃないとそう信じたいけど

小さい頃からそうじゃないってことを見てきてしまった。

 

私より、もっと年下の子は

どれだけ生きにくい世の中に生まれたか。

これだけ化粧や整形が一般的になって、

そう言った情報も多く行き交い

純粋なものを、無垢なものを私たち大人が見失わせている気がする。

彼ら、彼女らの一生を想像しただけで苦しくなってしまう。

 

現代っ子は便利で羨ましいという人は、

私たち若い人たちがその情報や状況に免疫があると勘違いしている。

生まれたとき、丸裸だった時はみんな同じだったはず。

 

この便利な世の中を活かすも殺すも私たち次第だけれども、

勝手に作られた便利に放り込まれた子どもの気持ちは、生まれた時から大きなスクリーンに囲まれた子どもは、どう生きたらいいか、バーチャルとリアルの境目をなくしてしまったのは誰か。

それは少なくとも生まれたばかりの子どもたちじゃない。

 

求めれば求めるほど、人は作り出す。

 

こんなこと、こんなに便利にしてくれなくてよかった。

便利な中でそう思う。

便利を知らなければ、きっと苦だとも思わなかったと思う。

 

まったく無い物ねだりで贅沢な物言いだけれども、

 

もうきっと、こんな世界じゃなくちゃ生きられないと思うけど、

 

何か、こう、大切な

大切だったはずのものはどこに行ってしまったのか。

 

自分の中にある大切なものを奪っていく自分がいる。

 

どうやったらそういう事をやめられるの?

どうやったら大切な物を見つけられるの?

 

Siriに聞いてもGoogleに聞いても教えてはくれない。

これだけ便利なくせにそんな情報はどこにもないなんて。

やりっぱなしだ。

 

結局自分で見つけていかなきゃいけない事なんだ。

 

 

なんて世の中になったんだ。

なんて世の中にしちゃったんだ。

 

 

これは私の中の世界の話。